吉村茶園のこだわり


吉村茶園のこだわり

現在では回数が少なくなってきたようですが、それでもお茶作りには7~8回、多ければ昔のように15回は農薬を散布します。この農薬は粘着剤といわれる種類で、ノリのようなものです。雨が降ってもなかなか落ちるものではありません。
お茶は、葉を収穫して乾燥・選別の後、そのまま市場で販売されます。農薬を洗い落とすという工程はどこにもないため、農薬をそのまま飲んでいるのと同じことになってしまいます。

吉村茶園の後継ぎだった私は、23歳の時に静岡県榛原郡金谷町にあるお茶の国立試験場に入学しました。そこで受講する講義は農薬散布の時期や量のことばかりでした。「お茶園経営には農薬の使用があたり前」というのがその頃の常識でした。
しかし当園では農薬を使っていないと申しあげたところ、試験場の先生方や農林水産省から、お茶の権威である博士の方々がいらっしゃり、1ヶ月にわたる調査を行い農林水産省のリポートに発表されました。
結果は無農薬でもお茶の栽培はできるというもので、国から無農薬茶のお墨付きをいただきました。

害虫駆除に農薬を使用することは一度は効果があるものの、害虫はその農薬に適応し、さらに強い農薬を使わざるを得なくなってしまいます。生態系が崩れ、農薬が土に残留してしまうと悪循環になります。
一度の農薬使用でその畑は二度と昔のように戻ることはありません。それほどに農薬は怖いのです。

そのため、当園ではお客様の健康と安全を考え、安心してお茶を楽しんでいただけるように無農薬にこだわったお茶づくりをしています。

是非一度、当園のお茶をご賞味ください。

吉村茶園のこだわり
ホーム吉村茶園のこだわり無農薬茶Q&A日本茶の豆知識ご注文会社案内お問い合わせ福岡城ドライブイン福岡城らぁめん庚申福岡城会社案内
copyright(c)2018 YoshimuraChaen All Rights Reserved.